先輩ママが伝授!失敗しない抱っこ紐の選び方

抱っこ紐は、育児に欠かせない必須アイテムですね。

抱っこ紐があると、長時間抱っこする負担を軽減できたり、両手が使えるのでママも家事がスムーズに行えたり、また、密着できるので赤ちゃんとの良いコミュニケーションにもなったりと、良いことづくめ!!

出産前から準備される方も多いようです。

実際、いつから使えるの?一体どんなものを選べば良いの?と、疑問や不安をお持ちのパパやママも多いのではないでしょうか。

今回は、そんな疑問を解消すべく、抱っこ紐の種類や選び方をまとめてみました! 是非、参考にしてみてくださいね!

抱っこ紐はいつから使う?

抱っこ紐がいつから使えるのかどうかは、抱っこ紐の種類によって異なります。購入前に、必ず対象月齢を確認しましょう。

首のすわってない新生児から使えるタイプは、横抱っこが一般的です。

退院の時や、一ヶ月検診、お宮参り等でも大活躍するので、やはり新生児から使える抱っこ紐を出産前に準備される方が多いようです。

もし、使う機会が少なく必要がないと思われる方であれば、首のすわりはじめる3か月頃から使用できるものを選ぶと良いでしょう。

抱っこ紐の種類

抱っこ紐の種類は、大きく分けて3種類です!それぞれの特徴と、メリットデメリットを参考にしてみてください♪

「キャリータイプ」

キャリータイプは、抱っこ紐の中でも定番といえます。

キャリータイプの良さは、なんといってもその安定感と機能性が抜群な事です。

いろんな抱き方ができるので、用途に合わせて長く使えます!

初めての抱っこ紐選びに、どのタイプか悩まれるのであれば断然こちらのタイプがおすすめですよ♪

メリット

・いろんな抱き方ができる(横抱き・縦抱き・前向き・おんぶ等)ので、シーンによって使い分けられる。

・腰ベルト付きであれば、重さが分散するので疲れにくい

・頑丈で安定感があるので、抱っこ紐初心者さんでも安心

●デメリット

・かさばる ・装着が慣れるまでは難しいと感じる方もいる

スリングタイプ

スリングタイプは、赤ちゃんを包み込むように抱っこできるタイプです。

手作りするワークショップもあったり、こだわりの強いママからは絶大なる支持をうけています。

キャリータイプに比べて安定性には欠けますが、密着した抱き心地なので寝かしつけに使用される方も多いです。

また、コンパクトなのでキャリータイプのサブとして購入するのもおすすめですよ♪

メリット

・コンパクトで携帯に便利

・抱っこしたまま授乳ができる

・着脱が簡単

デメリット

・キャリータイプに比べると不安定

・間違った使い方をすると、落下や脱臼、窒息の恐れがある

ウエストバッグタイプ

「ヒップシート」とも呼ばれる、ウエストポーチのような見た目のタイプです。

本当のポーチのように物を収納する事もでき、ポーチの上の部分に赤ちゃんを乗せて使用します。

最近では、肩紐付きのものもあり、より使いやすくなってきていますよ♪

こちらのタイプは、歩き始めて抱っこしたりおろしたりを繰り返すような月齢になってから購入される方が多いです。

●メリット

・ちょっと抱っこしたい時に便利

・ウエストバック型なので、付けっぱなしにできる

・ちょっとした荷物も入る

●デメリット

・長時間使用するには不向き

・手で支える必要がある

抱っこ紐の選び方

「抱っこ紐なんて何でも同じでしょ。」と、友人からのお下がりを使っていた私。


でも、長時間の抱っこに負担がかかり、ついに腰を痛めてしまいました。
抱っこは知らず知らずに負担がかかるので、自分に合う物を選ぶ事が重要です。


ですので、余裕があるのであれば試着して選ぶ事をおすすめいたします!
今回は私自身の失敗から学んだ、抱っこ紐選びに絶対外せないポイントをまとめてみました!

ポイント①「用途に合っているかどうか」

■まずはタイプを選ぶ

キャリータイプ、スリングタイプ、ウエストバッグタイプのそれぞれの違いを理解した上で、用途に合ったものをえらんで下さいね!
長時間抱っこする方や、両手が使える事、安定感を重視する方であればキャリータイプを。

密着間やコンパクトさを選ぶのであれば、スリングタイプを。
あまり抱っこする機会がなくなってきたけど、抱っこの負担は減らしたいのであればウェストバッグタイプを選ぶと良いですよ。

■抱き方のバリエーションをチェック

【横抱っこ、縦抱っこ、前向き抱っこ、おんぶ、腰だっこ】など、抱っこ紐の種類によって抱っこスタイルが異なりますので、用途に合った抱き方ができるものを選ぶようにしましょう。

■使用年齢と期間をチェック

また、何カ月から使い始めるかによって、選ぶ抱っこ紐の種類も変わってくるので、そちらもよく検討した上で、必ず対象月齢を確認してから購入しましょう。

新生児から使えるタイプであれば、インサートを別購入するものや、もともと横抱っこに対応しているものなど様々なので、そちらもチェックしてくださいね!

ポイント②「負担の軽さ」

抱っこ紐は使用頻度の多いアイテムなので、負担になりにくい自分にあった抱っこ紐を選ぶ事が重要です。
肩がクロスになったものや、腰にもベルトの付いているものなど、抱っこ紐によって使用感が異なります。

まずは試着をしてみて、肩や腰に違和感がないか、サイズが合っているかどうかなどチェックしてみましょう。
特に長時間抱っこする人は、肩や腰に負担がかかりにくいかどうかしっかり吟味して選んでくださいね!
また、正しい抱っこができていないと、肩や腰に負担がかかるだけでなく、思わぬケガや事故に繋がる可能性があります。
できれば、購入の際にスタッフさんに正しい装着方法を教えて貰っておくと安心ですよ。

また、正しい抱っこができていないと、肩や腰に負担がかかるだけでなく、思わぬケガや事故に繋がる可能性があります。
できれば、購入の際にスタッフさんに正しい装着方法を教えて貰っておくと安心ですよ。

ポイント③「機能性」

■着脱の簡単なもの

月齢の低いうちは毎日のように使うものなので、着脱が簡単かどうかも重要です。
慣れない内は、どのタイプも難しく思えるかもしれませんが、比較的自分が使いやすいと思えるものを選んでおくとストレスが軽減されますよ!
試着する際に、着脱も実際に体験してみましょう。
自分が実際に使用するのはどんな時なのかシュミレーションしてみると、どういったタイプが自分にあっているのか見えてくる事もありますよ。

■通気性の良いもの

赤ちゃんは意外と暑がりで汗かきなので、通気性の良いものを選ぶのもひとつです。

ポイント③「安全性」

やはり、大事な赤ちゃんを抱っこするアイテムなので、安全性がしっかり認められている商品を選ぶのも重要です。

安全基準に合格しているものであれば安心ですね♪
また、購入した際には、どこか破れたり金具に不備がないかどうかしっかり確認してからしようしましょう。
思わぬケガや事故が起こらないよう、ママやパパも使い方をしっかり把握しておくことも大切です。

「最後に」

いかがでしたでしょうか?
抱っこ紐は様々な種類がありますが、自分がどのような用途で使用するのかを考えつつ、4つのポイントをおさえれば、失敗なく購入できると思います。
毎日抱っこするママへの負担は想像以上に大きいので、妥協せず抱っこ紐を選んで欲しいなと思います。

使い心地や、機能性が合うものが見つかれば、あとは自分が好きなデザインで選ぶのもひとつですよ!
どうせなら、テンションの上がる抱っこ紐を使いたいですよね♪
お気に入りの抱っこ紐でお出かけして、お子様とたくさん思い出を作って下さいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です