赤ちゃんの成長と思い出を残す!育児日記を成功させるコツ

赤ちゃんが生まれると、周りで耳にする「育児日記」。

でも、どんな事を記録するの?絶対つけないといけないの?毎日日記なんて続けらるかな?など、疑問や不安が出てきますよね。

そこで、今回はそんな育児日記をつけるメリットや書き方のコツ、便利なグッズなどをご紹介します。

今から、育児日記を始めてみようと思っているママやパパは、是非参考にしてみて下さいね!

育児日記をつけるメリット

育児日記をつけるメリットは、どのようなものがあるのでしょうか?

以下にまとめてみました!

成長がわかる

0歳~1歳は、日々めまぐるしいスピードで成長をしていきます。

身長や体重だけでなく、歯が生えてきた、○○ができるようになったなどの記録もしてみましょう。

成長が目に見えると、普段辛いことの多い育児の励みになりますよ♪

生活リズムや体調管理ができる

授乳やミルクの時間、1日の排泄の回数などを書き留めておくと、日々の生活リズムをつかむのにとっても便利!

オムツが外れる時期には、子供の排泄サイクルを知っておくとスムーズですよ♪

また、ちょっとした体調の変化にも気づきやすく、病院の診察や定期検診の際にも明確に伝えることができます。

スケジュール管理がしやすい

赤ちゃんの予防接種のスケジュールは複雑で、回数も多いもの。

そんな時は、育児日記で管理しておくと間違いが少ないですよ!

また、予防接種や検診の時の様子も記録しておくものおすすめです。

第二子が生まれた時に役立つ

一度育児を経験したから、2人目は楽勝♪かと思いきや、あれ?どうだったっけ?と、案外思い出せない事も多いものです。

そんな時に、育児日記をつけておくと、忘れていたような細かい事まで思い出す事ができ、とても便利です。

思い出に残せる

育児日記は、体調や成長を記録するだけてなく、日常のちょっとした事を書き留めたり、その時ママやパパが感じた事を記録するのもオススメです。

特に一人目の育児の時は、今の育児で合っているのかな?と不安になることも多いですよね。

そんな時に、育児日記を読み返すことによって、赤ちゃんだけでなく自身も成長していることに気づくはずです。

子供が大きくなった時に、当時どんな気持ちだったのか一緒に振り返ってみてはいかがでしょうか?

育児日記のつけ方のコツ

ポイント①「何を記録するか決める」

まずは、育児日記をかく目的を決めましょう。

生活リズムを把握したいのであれば、授乳やミルク、睡眠時間、オムツ替え。

成長を把握したいのであれば、身長や体重、体の変化など。

思い出を残したいのであれば、ママの思ったことや感じたことなど。

自分が何のために記録しているのか把握していると、気持ちがブレずに続ける原動力になりますよ!

ポイント②「書き方は簡単に」

頻繁に使う単語はマークやスタンプを利用したり、短い時間で簡単にさっと記入できる工夫をしてみましょう。

ママや赤ちゃんの気持ちや機嫌を表すのに顔文字を使ってみたり、○△×などを使うのもオススメです♪

日記も、一言メモのように短いものにしておくと、負担が少なく続けてみようと思えますよ!

ポイント③「毎日書くなどの負担を減らす」

意外と重要なのが、楽しむこと!

その為に、可愛いノートや手帳、シールやスタンプを購入するのもひとつです。

お気に入りのグッズがそばにあれば、育児日記をつけるのも楽しくなりますね♪

イラストやカメラが得意な方は、イラストや写真で日記を可愛くデコレーションしてみてはいかがでしょうか?

育児日記はどのツールを使う?

さて、早速育児日記をつけてみたいなと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、実際どんな物を使うと良いのでしょうか?

普通のノートや手帳でも代用できますし、育児日記用のノートや手帳も売っています。

また、最近ではアプリもたくさん出てきていますね!

では、それぞれの特徴と向き不向きをみていきましょう。

①アプリ?手書き?

◾アプリ…アプリのメリットは、気軽に始められる事です。また、写真を撮ったらそのままアプリにアップロードできるものもあり、親や親戚と共有できたりと、大変便利です。

ただデメリットとしては、アプリのサービスは終了してしまうこともあります。

体調管理だけ簡単に記録したい方はアプリを使うと良いでしょう。

◾…しっかりと確実に育児日記を残したい方は、紙の日記帳の方がおススメです。

なんと言っても、手書きの日記は温かみがありますし、イラストやシールなどで自分らしさも出せます。

書き留めた日記帳を、子供が大きくなった時にプレゼントするのも素敵ですね♪

また、体調管理だけアプリ、ママの想いや細かな記録は紙の日記と使い分けるのもオススメですよ♪

②普通のノート?育児日記専用の手帳?

◾普通のノート…日記を書くだけなら、専用のものを買わなくても普通のノートや手帳でも代用できます。

シールや写真を貼ったりと、自由にカスタムできるのが最大のメリットです。

ネットでも、普通のノートを活用した作例がたくさん載っていますので参考にしてみて下さいね!

◾育児日記専用の日記帳…自分でフォーマットを作るのが苦手という方は、育児日記専用のノートを購入した方が手軽に始められますよ。

専用のものは、記入しやすいように考えて作られているので、いろいろな項目を管理するのにとても便利です♪

生活リズムを記録したいたら、時間ごとに記録できるもの。

ママの気持ちや赤ちゃんへのメッセージを残したいなら、フリースペースやメモ欄が広く作られているもの。

アルバムのように写真も残したいなら、写真を貼れるタイプのものなど。

種類も豊富なので、自分の目的に沿ったものを選んで下さいね!

育児日記!おすすめグッズ

育児日記をもっと楽しくするグッズをご紹介いたします♪

「ベビアルシール」

ベビアルシールは、初めての抱っこ紐や公園デビューなど日常の記録を残せる「せいかつ」、歯が生えた日やハイハイができた日なと成長を残せる「すくすく」、お宮参りや誕生日など大切な日の記録を残せる「イベント」のそれぞれ10枚セットの3種類です!

育児日記に貼れば、簡単に可愛い記録が残せちゃいます♪

「ベビアルセット」

ベビアルは、生まれてから1歳になるまでのわが子の姿を一つひとつ記録できるアルバムです。

ベビアルシール全種類30枚と、ナチュラルリネンが優しいスクエアアルバム、そして、台紙のセットです♪

また、成長過程やイベントが一目でわかるシートが付いてくるので、記録だけでなく早見もできちゃう優れもの!

まとめ

育児日記は、赤ちゃんの生活リズムを把握できる上に、成長を実感するのに便利なツールです。

育児中は、赤ちゃんのお世話に追われて忙しい日々が続き、全てを記憶に残すのは難しいですよね。

たがらこそ、育児日記を活用して記録に残してみてはいかがでしょうか?

育児日記は、後で読み返した時に新しい発見をしたり、親子の原点を思い出したり、長い育児生活の中できっと大切な一冊となりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です