寝かしつけの救世主!!スマホでおうちシアターで子供の脳がぐんぐん育つ

ママの悩みとなる育児のひとつが、「寝かしつけ」です。

早く寝てくれないと、睡眠時間が足りなかったり、次の日の朝が起きられずグズったりと困りますよね。

何より一日の終わりに寝かしつけに苦労すると、ママの疲れやストレスも溜まってしまいます。

ベッドに誘ったものの遊びに夢中で嫌がる、絵本を読んでも寝てくれない、絵本を読むのが苦手…などなど、一度は経験されたことがあるのではないでしょうか。

そんなパパママへ、夜の寝かしつけの時間が楽しくなり、更に知育にもなる最強のグッズをご紹介いたします!

その名も「スマホでおうちシアター」です♪

スマホでおうちシアターって何?

「スマホでおうちシアター」は、スマートフォンに取り付ける小型プロジェクターの事です。

あっという間にお部屋がプライベートのシアターに!

無料ダウンロードの公式アプリを使って簡単に楽しく絵本の読み聞かせができますよ。

もちろんパパママがおはなしを読み聞かせるも良し、苦手な方はアプリの音声機能におまかせもOK♪

スマホでおうちシアターが良い理由

ポイント①「親子のコミュニケーションに!」

忙しい毎日の中でも、おやすみ前の読み聞かせの時間は親子のコミュニケーションタイムとしてとても大切にされています。

でも、毎日絵本を読み聞かせるのはママの負担になる事も。

そんな時には、子供と一緒にベッドに入ってリラックスした状態で楽しみましょう♪

「親子で一緒に楽しむ」という、質の良いコミュニケーションが望めますよ!

ポイント②「早寝の習慣に!」

なかなかベットに入ってくれないお子様にも、部屋を暗くしてシアターを付けると喜んでベッドに入ってくれた!という事例がたくさん報告されています。

おやすみの時間が楽しみになり、早寝の良い習慣をつけることも可能です♪

ポイント③「多言語機能で知育に!」

日本語だけでなく、英語・中国語・韓国語と多言語対応なので、様々な言語に触れながら豊かな感性を育めます。

物語を楽しみながら、知らず知らずに多言語を聞く耳の力が育ちますよ♪

「絵本で良いんじゃないの?」

でも、わざわざスマホでおうちシアターを使わなくても、絵本でも良いんじゃないの?と思われる方もいらっしゃると思います。

そこで絵本とおうちシアターとの違いを比較してみました!

子供の好奇心を刺激する

絵本だと、おもちゃで遊ぶ方に負けてしまいますが、スマホでおうちシアターだと喜んでベッドへ入ってきてくれる確率が上がります! 子供は光る物が大好きなので、好奇心をうまく刺激してベッドに誘ましょう♪

部屋を暗くできる

絵本だと、明るい状態の上うつ伏せでないと読む事ができないため、どうしても寝るモードに入りにくいというデメリットがあります。

ママも、子供が寝たタイミングで電気を消すという作業があるのですが、消した瞬間に起きてしまってまた絵本をせがまれる…なんて事もありました。

でも、スマホでおうちシアターなら、部屋を暗くして、横になった状態で読み聞かせができます。 ですので、自然と眠りにつく流れが作れますよ!

音声機能付き

パパママの声もコミュニケーションにはなりますが、自動音声でパパママもシアターのお客様になってみましょう♪

絵本にはない、パパママも聞く側へとまわることで、子供と同じ視点で感想を言ってみたりと新鮮ない楽しみ方ができます!

また、言語力がなくても正しい発音で読み聞かせができるので、知育としても大活躍ですよ!

など、絵本とスマホでおうちシアターは同じ読み聞かせツールでも、持ち味は全然違いますよね!

もちろん、絵本は持つ良さもあるので、私個人としては絵本との併用が1番おすすめです!

いつもの読み聞かせに、スマホでおうちシアターを取り入れてみてはいかがでしょうか?

実際にスマホでおうちシアターを使ってみて…

私の息子は、2歳のイヤイヤ期からこのスマホでおうちシアターを使っています♪

それまでは、遊びに夢中になっているところをベッドに誘うと「イヤイヤー!」と大変な思いを何回もしてきました。

そんな時に、おうちシアターを設置してみると、「なーに?これー?」と興味を持ってくれて、物語が始まると楽だけど指をさしながら「これ、クマー!」など楽しそうに観ていました。そして、あっという間に寝かしつけ成功!

今までの苦労は何だったの?!と思うほどのあっさりな成功でした。笑

結果的に、今ではおうちシアターをつけて15分以内に寝る習慣がついていますよ!

現在4歳になった息子は、英語でお話を聞くのにハマっています♪

まとめ

スマホでおうちシアターの魅力は伝わりましたでしょうか?

寝かしつけの負担が減ると、パパママも余裕ができ、寝る前の時間がより充実しますよ!

是非、親子のコミュニケーションを楽しんでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です